年運勢の見方
一括で上げられなかったため3分割しています。

A・運勢テーマ(運勢星からの説明)

①キー人物・キーワード-  左上

例えば日干支1・甲子なら甲と今年の運勢干癸から星を出して
(甲←癸・玉堂星)
その星の意味と人物イメージとをキーワードで書いたものが左上です。

また甲からみた癸卯のエネルギーは12点・天将星になるので、
天将星のキーワードもあります。

注)日干陽干の「牽牛星」のキー人物に「配偶者」とありますが、
  干合相手ではないのでご注意を(星の意味からの表示)。


②一年間のテーマ。表の右上と右下

右上は甲←癸・玉堂星の星の意味です。算命学の定番解釈です。
右下は甲からみた寅のエネルギー。従星の意味を書いたものです。


③運の状態。表の左下

天中殺には波動論というのがあって、例えば、戌亥天中殺なら
卯の年はどういう波動になるのか、
というところから導き出されたものです。

日番号1~10番の人はみな同じ波動になります。
グループ単位なので、だれもに当てはまるものではありませんが、
天中殺波動で、自分がどういう位置にいるのかを知るものです。



B・家庭運(日支位相法からの説明)

これは位相法(十二支の相生相剋)で観ます。
宿命の日支と運勢支の関係で見ます。

主に、自分の家庭運、日常運をみるものです。
総合運が精神的だったのに比べて、こちらは現実の傾向をみます。


(注)位相法としての約束事がない場合は

   無条と呼びますが「-」で表しています。

   位相法の無条では運勢の影響は受けないのですが、
   日支と運勢支という時間帯が相対するわけですから、
   まったくなにもないというわけではありません。

   算命学ではないのですが、古典ではいわゆる巷の占いとして、
   すべての12支の関係に意味付けをしたものが残されています。
   比較的あてになりそうな古典占いから要約して、
   位相法のない(「-」)ところに書いています。

   ですから、位相法に関しては、算命学的解釈と、
   古典占い的解釈の二つが混在しています。
   古典占いもそれなりではありますが、
   根拠が定かではないので参考程度です。



C・仕事運(年支位相法からの説明)
心の状態(月支位相法からの説明)



これは、日番号と同じように位相法でみる運勢です。
この二つは日番号は関係ありません。

月番号(月干支)と年番号(年干支)で
あてはまるものをみてください。

月番号はこの一年の心の状態を、年番号は仕事運をみます。
意味内容は日番号と同じです。


戻る

inserted by FC2 system